日々のこと
感じたり、考えたりしていることを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そう見えた自分を信じること
昨日に引き続き『市川海老蔵 目に見えない大切なもの』のなかから、とても印象に残っている(すなわちとても共感できる)言葉をまとめていきたいと思います。

脳科学者の茂木健一郎さんと海老蔵さんとの対談のなかで、「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんが高校生のとき龍を見たという話題での茂木さんの言葉。

海老蔵さんからのその龍は脳が見せたものかという問いに対して、「科学的な言葉で言えばそうなる。でも幻覚と現実ってそう簡単に区別がつくものではないし、そもそも、それをどれくらい真面目にとらえているかという問題があるんです。寝不足だったから幻覚が見えたんだで済ませる人だっている。でも木村さんは脳の体験として龍を見たと確信している。本気で信じているから、龍から言われた言葉を今でも秘密にしているんです。そういう人だから、絶対に不可能だと言われていた、無農薬・無肥料のりんごがつくれたんじゃないかと思う。」P38

それを見たという自分の感性を信じること、それを貫くことで、途方もないことを成し遂げることができたという言葉にとても勇気付けられました。

「そう見えたもの」を、科学的に物理的にありえないことだ、だから幻覚であり何にかの見間違えだと思う必要はないんですね。
さらに言えば、そう見えたと信じている人に対して、それは幻覚だ、またはこういうものだと正す必要もないということ。

自分がそう見えたと思っていたら、別にそれを人から言われようと気にする必要もない。

現実に龍がいるかいないかは重要ではなく、見えたことを信じている自分がいるならそれでいい。
そう見えた自分を信じることが大切なんだなと思います。

ここでは見えたものが龍ですが、人の夢や希望だって目には見えないということでいえば同じこと。

私がやっている会社や事業も始める前は同じこと。
最初やるときは何もありませんでした。目に見えるものも形あるものも何もありませんでした。
あったのはこういうものを創りたいと想像し、それをできると信じた人だけでした。

何事も目に見えないものを信じるところからスタートするんですね。

この言葉は私にとってもとても大切なことを確認できた言葉です。


ちなみに対談は、「僕も龍を見たんです」という海老蔵さんの言葉に続いていきます。
さらに余談ですが、私もよく龍を見るんですね。そう信じているんですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hiromura824.blog.fc2.com/tb.php/386-214e327b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。