日々のこと
感じたり、考えたりしていることを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スッキリする道を模索してみよう
全く新しい事業をやるにはどうしても制約というものを乗り越えなければなりません。

こっちにいけば規制に引っかかり、あっちへいけば収益が上がらない、そっちへいけばお客さんのニーズとは離れてしまう。
そんなことでは絶対に事業としてうまくいきません。
どこかにシワ寄せがいけば、いずれ必ず大きな問題に発展します。

近江商人の「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」の“三方よし”とはまさにその通りだと思います。

ちゃんと法律やルールを守り、お客さんも喜び、きっちり利益をあげ、従業員も喜び、さらに取引先も発展する。そして税金も納められる。

そんな流れがはっきりした事業でありたいです。といっても、現実的にはいろいろな課題は当然でてくるでしょうが、少なくとも頭の中で、または人に説明するとき、そこの部分がスッキリしないとだめだろうと思います。
しかし、そのためには様々な制約をクリアしなければなりません。

今考えている新事業は、今の考えのままではどう考えても「先がない」ということは明白です。
全然スッキリしません。参ったな~開業するのを止めるかと思っていました。


そんなことを考えていると、さっきたまたまつけたテレビでTEDのプレゼンをやっていました。
「制約があるからこそ、素晴らしい創造性を発揮できる」

なんとタイムリーな話題なんだろうかと思わず見入ってしまいました。
「制約を受け入れよ」だそうです。
もう少し諦めずに考えてみようと思います。
“いろいろなことがスッキリする道”を模索しようと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hiromura824.blog.fc2.com/tb.php/358-3aca47d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。