日々のこと
感じたり、考えたりしていることを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代の潮流
NHKスペシャル「マネー氾濫~世界経済に異変~」を見ました。
リーマンショック以降の現在も続く金融緩和とその縮小に伴う影響が、ブラジル・インド・中国やその他の新興国の状況を通してとてもわかりやすく描かれてました。

その番組を見ながら、2009年頃ブラジルが過熱する景気とレアル高に苦しんでいた状況のなか、海外からの投資マネーに課税するなどしてその過熱を冷まそう躍起になっていたことを懐かしく思い返しました。当時友人がブラジルに投資をしていたので、そのことでいろいろ話しをしていたこともあり、とても印象に残っています。

それが今やまったく逆の様相を呈していて、マネーが引き上げられ景気が冷え込み、レアル安に苦しむ姿(番組ではドル建ての社債を発行してその返済に窮するブラジルのエネルギー関連企業が取り上げられていましたね)は、時代の変化・潮流というものの凄さと恐ろしさを感じさせます。

大きな時代の流れというものに抵抗することはできないことと、大きな変化が今も起こっていることを強く認識させられます。
いつの時代もマネーは運用先(利回り)を求めて、常にうごめいているのですね。あの無数のお札が地球のまわりを舞っている映像はそんな世界を投影していました。

今はそのマネーがアメリカへ回帰していますが、これがまたどこに向かうのかいろいろな予想はされていても、未来はわからないでしょう。
少なくともしばらくは「新興国」という括りでの投資はされないでしょうが、アメリカの不動産価格が上昇を続けているということから見ても、あれだけのことがあっても不動産投資をする流れが復活してきたように、新たなブームが加わり、また「いつか来た道」を繰り返すのでしょう。もっと大きな視点でみれば、常にそれを繰り返したきたことは歴史が証明していますね。

たったここ5年ほどの世界経済の大きな変化を目の当たりにすると、そうした変化は私たちのまわりでも確実に起こっていること。目に見えての劇的な変化ではないかもしれませんが、今も着実に変わっているのだということを感じさせます。

リーマンショック以降の経済の潮流を整理するのにとてもいい番組でした。


そしてもう一つ
「金融緩和を継続すればマネーの膨張を招きバブルの懸念が高まる。逆に縮小すれば景気の腰折れ懸念が高まる。」

この言葉は以下の言葉に言い換えることができると思います。
「何を選択しようと、リターンだけではなく同様のリスクは常に伴うこと」

決断というものの本質、さらに物事の本質までが浮き彫りになっているように思います。
自分にもつながってくるものですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hiromura824.blog.fc2.com/tb.php/354-f5ab8323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。