日々のこと
感じたり、考えたりしていることを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目標へ到達するための視点
岡田斗司夫さんの「いつまでもデブと思うなよ」という著書のなかに、
「痩せようと努力する」のではなく、「太ろうと努力するのを止めよう」という言葉が書かれてあります。

その言葉の意味は、この著書に書かれていることを実践するとすごくよく分かってきます。

「あなたは“痩せようと努力してもできないダメな自分”ではなく、“太る努力をこれでもかとし続ける大変な努力家”なのだ(でなければ太らない)」と言います。

ある社長さんから、これと似たようなことを教えていただきました。
苦境に陥っていたとき、この苦境を乗り越えるための目標を設定し、その軌道を考えていたとき、ふとその目標から今を見たほうがクリアに見えたとうことです。
その方はゴルフに例えて、グリーン上のボールからカップまでの軌道を描くのではなく、カップから逆にボールまでの軌道を描いたということです。

スタート地点から見る目標とははるか先のことだったりします。
そこまでどう到達するかどういう道を進むか考えますが、逆にその目標から見てみる視点も目標へ到達するための一つの方法かもしれません。

私もこれまで新規事業を立ち上げるときに、まずはすることは“すでにその目標を達成した風景を詳細に描くこと”。
これから「出来るように努力しようではなく、“すでに出来ている(頭の中に)”」というふうに。

ですので、それが形となったときも、「新しいものが出来上がった」のではなく、「すでに頭のなかにあったものがようやく現実になった」という感じです。

目標へ到達するためには、ときに視点を変える、考え方を変える。
こんなことがとても有効で、力を発揮してくれるのではないかということは、実感としてもあります。

またある方は悩んでいるとき、苦しいとき、自分の悩みや苦しみを宇宙の視点から見てみるのだそうです。そうすると自分が懊悩していることなど、この世界の小さな小さなことだとはっきりと分かるそうです。

その社長さんとやり取りしていて、そういう多岐にわたる視点で物事を見ることを思い出しました。
「そうだった、そうだった、心や想像力はどこまでも自由で、無限に広がっていけるものな~」と。

教えていただいてありがたいなぁと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hiromura824.blog.fc2.com/tb.php/344-ad2445ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。