日々のこと
感じたり、考えたりしていることを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご縁
ほんとにご縁とは不思議なものだと改めて感じています。

私自身、これまでそういうご縁にたくさん助けられたり、学ばせてもらったり、支えられてきたように思う。

今、一つの節目を迎え、まさにそんなことを一つずつ噛み締めています。


うまく言えないな~。
気持ちをうまく表現する言葉が思い浮かばないな~。

ただただいろいろなご縁に感謝です。
スポンサーサイト
引っ越しして感じたこと
細かいところはまだまだですが、引っ越しも無事終了して新居もわが家らしくなってきました。

引っ越し作業では、出てくる持ち物などを通して自分の生活や大切にしていることなどを確認する機会でもありました。

普段はあまり気にかけているものではなくても、大切にとってあるものや大事にしまってあるものを掘り返してみて、自分が何を大切にしているのか、おおげさにいえば人生で何が重要なことなのかを再確認できました。

特に今の自分を形作る要素になっている本と、いろいろな方からもらった手紙、そのとき考えていたこと対処していたことが綴られた手帳、様々な場面を切りとった写真など、それら以上に大切なものはないなと思いました。

人生は“思い出作り”だと思っているので、そんな大切にしまってあるものを見ていて、それほどずれてはいなかったな~と少しうれしく思いました。(いろいろあったな~なんて過去を振り返るにはまだまだ早すぎるのでそんな感傷にふけないようにしてますが)

そういう意味でも今回の引っ越しは単に住む場所を変える作業ではなく、自分を振り返る作業でもありました。

さてこれからどんな“すばらしい思い出”をパートナーと共につくっていけるのか、楽しみです!
宝ものがまた一つ
昨年9月より先月まで一緒にダイエットにチャレンジして見事達成した友人がいる。
「約束を守る:ダイエットをした友人」にも書いた方だ。

昨日その友人より素敵なプレゼントをいただきました。

宝もの(名前の刻印もあり)
ネームの刻印あり。

ダイエットをしてやせたこともすばらしいが、何かをやると決めてそれを実行し、しっかり達成したこと、そしてそういう経験を経たことでの自信が満ち満ちていて、とても輝いていた。

やせたことも嬉しいが、顔つきも雰囲気も数ヶ月前よりも、一つの経験を乗り越えキリリと引き締まったものになっていた。それもまた嬉しい。(大変僭越ですが…)
しかも今もしっかりと食べる量や内容をしっかりと把握していることにも敬意を表したい。

そのプレゼントとともにお手紙までいただいた。
ダイエットによって直接得られたものもそうだが、そのプロセスのなかで不安や迷いを抱えながらも少しずつ進んでいったこと、そして私がその友人に対してとったスタンスなどを理解してくれていることが綴られていて、とても感動して泣けてきた。

「人生を変えてくれてありがとう」という言葉(私が変えたのではなく、本人が変わったのだと思う)、そしてこのお手紙、ネーム入りのペン。
これもまた自分にとっては本当にうれしい思いがけないギフトです。

宝ものがまた一つできました。感謝。


宝もの:かいぱんのキーホルダー
かいぱん
魚梆(かいぱん):写真参照
以下説明文:
かいぱんは、腹を打ち、日常の行事や儀式の時報を告げる、時計の役目をします。
かいぱんが、玉をくわえている所以は、玉を食べようとしているのではなく、吐き出そうと努力しているところであります。
この玉は、三毒(貧(とん)・じん・痴(ち))の固まりであり、吾々人間の心の奥を表現したもので、貧はむさぼり、有り余ってもなお欲しいのは人情です。
「じん」は怒り、ちょっと心を静めて我慢すればよいものを、ムカッと腹を立て人を傷つけ、自分の品位を下げる心。痴は愚痴をこぼすこと。
この貧・じん・痴の玉が吐き出しやすいように、かいぱんの腹を打ってやり、そのときに心の戒めをするのです。


私は何か腹が立つことがあると、カッとなってしまうところがある。
こうすると決めたら、その通りにいかないとだめだと思うところもある。(情熱の裏返しっていう解釈はだめですか?)
そのため会社などまわりに迷惑をかけるときもある

このかいぱんのキーホルダーは、伯母が京都の萬福禅寺というお寺へ旅行にいったときに、お土産でもらったものだ。

伯母には、腹が立っても一呼吸おかないとだめだ。そこだけを見てあなたのことを判断する人もいるんだし、それがいくら正しくとも怒りにまかせてやってはいけない。そしてそもそも言ってはいけないこともあると諭された。

全くその通りだと思う。そして私のこと思ってお土産にくれたその気持ちもうれしかった。

このキーホルダーは私の宝もの。
この印刷した紙は会社のデスクマットや自分の家のデスクまわり置いていつも見るようにしている。

だけどそのかいぱんの意味、そして伯母の言葉を、今でも全然守れてません・・・。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。